障害年金 愛知・岐阜・三重 電話メールでのお問い合わせ・ご相談無料

お知らせ

自分は障害認定基準に該当するのか?該当するとしたらどういう手続きをすればいいのか?

年金はもらえる権利(受給権)があっても請求手続(裁定請求)をしなければ1円ももらえません!
特に障害年金は請求せずにせっかくの権利をムダにしている方がたくさんいます。その理由は障害年金の持つ独特な難しさと手続きの複雑さにあります。

障害年金を受給するためには法律上、次の3つの要件を満たさなければなりません。

@初診日要件 A障害認定日要件 B保険料納付要件

しかし、これをクリアしても法律上の受給権があるというだけで現実に年金を受給するためには、
まだいくつものハードルを越えていかねばなりません。
それは

@ 受診状況等証明書の取得 初診日の証明とカルテの保存期間との関係
A 診断書 行政側の障害認定用の書式とそれに対する一部医師の認識不足
B 申立書(病歴・就労状況申立書) 的確な表現方法、診断書との整合性
C 障害認定基準 複雑難解な障害認定基準・認定要領への対応
傷病名について
障害年金の認定基準は障害の程度がどの程度かということが重要ですが、その障害の原因となったけがや傷病名として多い事例は次のようなものです。(これら以外でも多くの傷病が該当します)
脳梗塞・くも膜下出血などの脳血管疾患による障害、肝硬変、糖尿病との合併症、心不全、心臓疾患によるペースメーカー装着、慢性腎不全による人工透析療法施工、慢性リウマチ、人工関節・人工骨頭の投入置換、うつ病、統合失調症、高次脳機能障害、知的障害、てんかん、アルツハイマー、がん、視力・聴力の低下、その他

無料メール相談無料相談は原則1回、
申請代行を委任される場合は何回でも無料

出張相談承ります(交通費実費のみご負担下さい)

以下のエリアの方はご希望によりご自宅等に当方より出張させて頂きます。
愛知県全域、岐阜県全域(一部地域を除く)、三重県津市、桑名市、四日市市、鈴鹿市、多度町、長島町、東員町、員弁町、朝日町、その他 お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
出張相談承ります
お電話でのお問い合わせ 0587(23)6006
無料メール相談はこちら